第29回 函館文化発見企画 講演会♪

こんばんは♪

すっかり書き込みが遅れてしまっている当ブログですがあきらめずにとにかく書いていきます(笑)

12月6日(日)に、函館開港150周年を記念いたしまして、第29回 函館文化発見企画 講演会を開催いたしました。会場は函館市中央図書館の視聴覚ホールです。

091219_01

演題は「絵図・地図に見る はこだて」と題しまして

講師として、市立函館博物館・館長の田原良信氏と市立函館博物館・学芸員の保科智治氏のお二方にご講演いただきました。

091219_02

091219_03

091219_04

本年の「函館開港150周年」を締め括るに当たり、「開港」という郷土の歴史上の大事件が持つ意義や影響を、市立函館博物館・函館市中央図書館が所蔵する、当時の人々が記録として遺した絵図や地図、古写真等の史料を基に今一度振返りました。

保科氏は、幕末開港時の箱館について、五稜郭や弁天台場建設を紹介。

091219_05

田原氏は、箱館奉行所と函館八幡宮をはじめとする神社の位置関係を紹介され、ご来場者の興味を集めていました。

091219_06

091219_07

もちろん、わたくしスタッフ(ふ)♪も、興味深い話にかなり勉強になりました♪

参加者数は145名とほぼ満員のご来場でした。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

いよいよ次回は30回目を迎える函館文化発見企画。
企画はまだ未定ですがご期待下さい♪

では、またね♪

広告