五稜郭櫻交流ハウス♪

こんにちごーた♪(。・▽・)ノ

函館はすっかり春模様かと思いきや、朝晩はまだ暖房が必要な感じごねー。
早く暖かくなってほしいごー。

暖かくなるといえば、4月下旬から5月上旬には、五稜郭の桜がきれいに咲く頃だと思うご。その五稜郭の桜から名前を取った建物が完成し、4/8(火)に報道機関向けに内覧会を実施したんだご♪
正式なプレスリリースで紹介するごね♪

140408_01a


五稜郭タワー 『五稜郭櫻交流ハウス』

謹啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。また平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、おかげをいただきまして、弊社タワーは、昭和39年(1964)の完成・開業から、本年12月で50周年を迎えることとなります。この間、旧タワーや、リニューアルした現タワーの展望台より、多くのお客様に郷土の大切な文化財である特別史跡五稜郭跡の姿や函館の景観の素晴らしさをご覧いただいてまいりました。私共は、今後もこの素晴らしい特別史跡五稜郭跡の歴史や形の魅力をお伝えしていきたいと考えております。
そして、かつて地元商店街が地域を盛り上げてくださったように、私共も、地域活動を応援する為、市民が気軽に集まれる場を準備したいと考え、創業五十周年の記念事業の一環として、昨年11月に着工し、建設を進めていた施設『五稜郭櫻交流ハウス』が、この度、完成いたしました。この施設は、『函館野外劇』や『五稜星の夢』『五稜郭祭』といった五稜郭地区を舞台にイベントを開いたり、活動したりする組織や団体に、会議やイベントの準備、事務所として利用していただく次第でございます。
つきましては、施設完成の内覧会を、4月8日(火)11:00より行い、併せて創業五十周年を記念してリニューアル致します、『チケット』『包装紙』等のご紹介を致したく、ご案内申し上げます。報道機関の皆様にはご多用のこととは存じますが、取材・広報等につきましてのご協力を賜りたくお願い申し上げます。
謹白


とちょっと難しいことが書いてるけど、簡単に説明すると、『函館野外劇』や『五稜星の夢イルミネーション』『箱館五稜郭祭』といった五稜郭地区でのイベントを開いたり、活動したりする組織や団体に、会議やイベントの準備のための事務所を提供する施設なんだご。

だから一般の方は入れないのでご了承くださいご。
今回はこっそり内覧会の様子を見てきたご(*・ノェ・)コッソリ

取材のみなさんが別の部屋で説明を受けてる間にこちらの会議室に潜入ご。
ひろくて使いやすそうごねー♪
140408_02a

窓も大きくて、太陽の光が入ってボクの部屋より快適ごねぇ…(笑)
140408_03a

おっと、スタッフゥと取材陣が現れたご。
140408_04a

取材陣からのリクエストで、なぜかスタッフゥの写真を撮られてたご(笑)
140408_05a

そして、さっきのプレスリリースに書かれていた、創業五十周年を記念してリニューアルされた『チケット』『紙袋』はこちらごっ!
140408_06a

そして!チケットはなんと11種類あって、もらえるチケットが11分の1で変わるんだごー♪ボクのチケットもあるごー♪(。・▽・)ノ全部集めてみるご?(*・ノェ・)コッソリ
140408_07a

これからも、弊社では、函館や五稜郭地域のために、地域への参加や、各種イベントなどへの協力などを積極的に行っていきますごー♪(。・▽・)ノ

(。・▽・)ノジャ、マタ!!

広告