パープルリボンについて♪

五稜郭タワーからのお知らせです。

毎年11/12〜25までの2週間は、内閣府、その他の男女共同参画推進本部構成府庁が主唱する「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。

五稜郭タワーでは「女性に対する暴力をなくす運動」に賛同し、11/12(水)に、五稜郭タワーの展望台外に設置してあります「コーナーLED照明」を日没時から22時まで、女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンにちなんで、パープルカラーで点灯いたします。
 
日時:2014年11月12日(水)日没(函館は16:19)から22時まで。
 
【パープルリボンについて】
暴力の被害者にとって、より安全な世界をつくることを目的として、1994年、アメリカ・ニューハンプシャー州のベルリンという小さな町で生まれました。

紫色のリボンであれば、どのようなものであってもよく、それを身に着けることでパープルリボン運動の趣旨への賛同を表明することができ、個人間の暴力や虐待に関心を呼び起こすとともに、暴力の下に身を置いている人々に勇気を与えようとの願いから、世界40ヶ国以上に広がっている国際的なネットワークに発展した草の根運動です。

世界各地の女性への暴力根絶に向けた活動団体が、布リボンやバッジなどにより「パープルリボン」を広めることで、女性に対する暴力を許さない社会を目指す活動をさらに拡げています。
 
 
内閣府男女共同参画局
「女性に対する暴力をなくす運動」公式ページはこちらから。

 
 
141111_01
  
今、暴力に苦しんでいるあなたに、あなたは決して一人ではありませんというメッセージを込めて。

広告